日本文化構造学  研究会

経本研究出版・表装美術 出自

安政三年 中村市松

京都市下京区御前通紅葉町  

 

日本文化総体 歴史信仰 を知るため の 京都総学

京都検定受験者・合格者 学習のための 

日本文化  京都 総学 創生

本研究会 一般向けサイトは、京都府商工会議所より協力事業として公式認定されております。

京都検定 関連書籍 解説・史実調査 受託中

 

会議所「京都観光・文化検定試験」サイト「 これから京都を楽しみたい皆様へ  京検厳選・京都情報  」とネットリンク

”京都・観光文化検定試験”  ・  ”京都検定”  は

 京都商工会議所 の 登録商標  です

主催:京都商工会議所 後援:国土交通省近畿運輸局・京都府・京都市・京都府教育委員会・京都市教育委員会・(公財)大学コンソーシアム京都   

 

京都総学 とは、京都の歴史文化信仰の基礎である、日本古代史や日本神話、インド・中国の古代思想や釈迦仏教・孔子儒教と、

日本思想・哲学や京都文化とのかかわりを構造的に理解する、総合的な最先端人文学並びにその実践のこと

 

 京都を主に、我が国の歴史文化信仰について  大学教授・研究者の学識を基にした共同研究。

伝統継承の技能師・芸術家との交流、並びに  京都検定関連の解説史実調査や、歴史貴重な

山岳寺院の学術顧問など、多様に受託する。

関連し、それら方々のブランディングのため

報道機関への発信、撮影とDTPで、Webサイト、プレゼンシート・パンフ・書籍をデマンド

制作する。文化共生のため、ご縁を生かす知見 とITで、会員活躍をクロスメディアに発信し研究を実践する。 

 

Research Center for Japanese Culture Structural  Studies 

This site is already corresponds to TOP NET SEARCH by Yahoo!, Google, Bing,

MSN(The Microsoft Network). 

 

 日本文化「自然の構造」

出 版 企 画

京都府商工会議所 京都検定

受験促進 協力事業

当会は『日本文化構造学』によって初めて「日本文化の原理」を構築しました。国内外への日本文化の総体と文化的教訓の発信を目的に、縄文時代~近代までの国史・著書など正統で膨大な情報を基礎とし、考古学、記紀、古代史、神への信仰、日本語、文学から体系、仏教・儒教はその発祥から我が国での変遷を通観しております。さらに著名な諸先生方との交流や教授研究会での成果を併せて総括。現在、講座や普段の解説のために表現を一般化したものを分野に応じて個別に編集し出版中です。また、その研究を通じてご縁となった歴史的価値の高い貴重寺院の災害復興や、伝統工芸の文化的価値の発信、京都検定関連の解説校閲・学習啓蒙にも活用中です。本『日本文化構造学』研究会サイトでは、会の研究成果の情報共有のため概要を掲載、また上記の歴史文化関連の最新情報について各ページでご紹介しております。


以下、スマートフォン適合 

表示パターンとします

書籍 ご購入、閲覧について

 

2017年 秋 発売予定

以下、店舗にて

順次 閲覧・販売 予定

 

・取扱書店

 京都

  岡崎 蔦谷書店

     烏丸四条 大垣書店 

  など

 

・図書館

 京都府立図書館 など 

  

・ブックカフェ

 サントリー伊右衛門カフェ 

 など

 

【 ご注意 】

図書館やブックカフェでの装丁は、

耐久性を考慮したもので、販売用

とは異なります

販売用は「カラー厚紙表紙」です

 

・書籍の先行紹介  

    非公式バーション特別編  

    最終版ではありません

    (研究会内部 の 限定配本用)

 研究会用   読者会申込添付無し 

 ・価格:日本文化愛好

「読者会」無償登録可能

 

内容改訂 ( 先行発売 )

 

① 京都総学 編

https://www.seichoku.com/user_data/booksale.php?id=153812147 

 

 

② 漆芸修復の世界 京都 漆芸舎 平安堂 

漆芸修復の文化的価値を通じ、日本文化全体を解説する

2017年、京都国立博物館
「開館120周年記念 特別展覧会 国宝」を祝し、
京都府所蔵品を主に、その文脈で網羅した。

https://www.seichoku.com/user_data/booksale.php?id=153812453

 


書籍ご購入いただいた方へ 

 読書会 登録について (準備中)

書籍の最後の「申込書」にご記入いただき、切取って郵送してください。こちらからメールを返信致します。恐縮ですが送料はご負担お願いします。

 

登録期限 

2020年12月31日で一旦終了予定

( 特別限定配本のため )

 

郵送先

 書籍 日本文化「自然の構造」

 読者会 会員登録申込書  郵送先

 

〒590-0499 

大阪府泉南郡熊取郵便局留め 

日本文化構造学研究会

読者会担当 宛て

 

会員向け「特別情報」予定

 

① 伝統工芸・芸術家  特別見学体験

② 社寺・町屋文化 行事見学参加

③ 貴重自然体験

④ 京都文化芸術 老舗談話会

 

 


当サイト

読者会員 特別ページについて

 

会員向け特別ご情報を掲載します

パスワードは、会員のみ公開中 

https://projectkyoto.jimdo.com/読者会員限定-書店-図書館様用/

 日本文化「自然の構造」

出  版  企  画

最新情報  

日本思想  から 日本哲学 へ

「自然の構造」シリーズ化 決定

 

A, 京都総学編 

( 文化講座公式テキスト 兼用 )

文化、仏教・儒教など広く紹介(モノクロ)

まずこれを読んでください。

すべての基本となる知識です。日本語、日本神話、インドや中国の古代思想、本来の仏教や儒教と中国における仏教の変化、日本での仏教・儒教の変化と影響を解説しています。 

その上で、日本文化に対する諸先生の研究成果を総合し、構造学によって、日本思想・哲学「自然の構造」として呈示しています。

 

B, 京都芸術編

(参加ご希望増加中  D, 京都共生編へ) 

Aの抜粋と、ビジュアル編集 (カラー) 

漆芸修復師、書家、日本画家、イラストレーター、染師方々の作品と コラボレーション。  日本文化史にそった美的「嵯峨本」。

    

C, 京都知学編 

Aのうち、重要事項を詳述 (カラー)

京都を主に古代史、観音信仰、建築、日本画など美術、近代へ 歴史貴重な山岳寺院、秘蔵秘所秘仏について文化価値を解説。

 

D, 京都共生編 

本書読者・芸術家との新たな出版を予定。

読者の専門性を生かした、文化創造の「集活のすゝめ」です。従来にない提案で出版革新、画期活気な文化「集活のすゝめ」。 

 A, 京都総学編 の 日本文化、歴史信仰を基礎知識とした派生的展開です。関連した分野を専門的にとりあげ、ビジュアル芸術と新たな共生を提案。

 

E, 国際編 

Aを簡便化した翻訳 基本部は執筆済。

海外の方々に、日本文化を「総合的」に、ご理解いただきたい 通訳案内士・認定ガイド・コンシェルジュ方々も必携です。

 

 皆様とともに シリーズ は 続いてまいります

本書シリーズ の 特徴

芸術  と 学術 出版 と 交流

 

一般的紹介

 特徴1

日本文化や京都について、多くの著書を紹介し読書を推奨します。

特徴2

歴史的価値が高く京都でも知る人が少ない寺院や、本書に賛同いただいた注目の伝統工芸芸術家や老舗を紹介、貴重な情報を提供します。

特徴3

読者会制度 情報提供・交流、これからの出版に参加の機会がある。

 

専門的に日本文化や神道や仏教儒教などについて研究されている方へ

特徴1

各分野で正統な見識とされている論を根拠としている。

特徴2

日本全史について、文化・信仰・思想・哲学を事例し本書が提唱する 新理論「日本文化構造」を以って、哲学的に総括する。

英文論名 “THE JAPAN CODE  Principle & Origin of Japanese culture”

 日本哲学「自然の構造」 

包括的自然構造による日本文化総合論

 

日本文化とはなにか? 

なぜ仏教を受入れることができたのか?

日本語や寿司、日本神話には、共通する日本人のこころがある。

日本人の「モノ」へのこころ、 マナイズム・アニミズムと他界観、タマと「魂」と「霊」、もてなしのこころ 、むすぶこころ、よみがえりの思想、もののあはれ、大和魂から、天皇と日本、阿弥陀・浄土信仰、 神仏習合、怨霊と鎮魂、陰陽と修験、熊野信仰の本質、平安仏教、民間信仰、 密教、禅、無常、自然法爾まで、一貫した統一的構造理論でとらえる。
日本的霊性、いきの構造、甘えの構造、中空構造を超越統合し、 日本初の
統合構造で、至高崇高な普遍的日本思想を考創した。先学見識に立脚した日本哲学、珠玉の日本文化論を、ここに特別公開する。


 

日本文化構造学研究会 

京都府商工会議所 の要請を受け、当会議所が主催する京都検定事業への 協力として、日本文化を 従来にない  総合的な視点で 総括 した理論を 公開します。

京都検定学習で学ぶ基礎知識に加え、その背景にある歴史や信仰との因果関係を理解するための文化論です。

歴史・文化・信仰に関する 様々な 著書 や教授交流研究会、京都新聞社の検定関連書籍の解説執筆・史実調査などの経験 を基礎に、我が国古代の 神への信仰と神道を、仏教・儒教はインドや中国からたどり日本における 変遷を 総覧しました。考古学・歴史地名・日本語・文学・建築・日本画 など 広範囲な 成果を集約し研究会として出版しております。

Research Center for Japanese Culture Structural  Studies 

This site is already corresponds to TOP NET SEARCH by Yahoo!, Google, Bing, MSN(The Microsoft Network).

 

Principle & Origin of  Japanese culture 

circulation,  mutual harmony , current-Benefit  philosophy”  and  “creation”  these were originated from "natural faith“

 

 

Preface

 

Ancient Japanese conceived the idea that everything in this world was a sacred being and various deities and nature were inseparable and cIose to each other like the relationship of  siblings  because they were all born of the same parental Kami.

 

For your understanding about Japanese culture,  I made this thesis: the principle “The  Japan code” by the unique  and  Ingeniously structuring of theory. There has been almost no study that tried to theorizing of comprehensive about whole Japanese culture, although  there has been particular Theme. This thesis will explain the reason of  the diverse cultures and faith, for example, adaptation of Shinto and Buddhism.  Why does Shinto has an enormous number of  deities as objects of worship?

They include not only mythicaI Kami but also Tenno(the Emperor), and historical figures, as most highly venerated beings in Japanese society.Each deity has its own character, rather as a human being has and people revere the character as an aspect of divine grace.

 

Why is Japan the most  longevity nation of the world  according to Guinness certified?  You  know?

Buddha thought of the natural human myself  inherently. Confucius thought of the natural human relations Ideal.So, how  do you think about the relationship of Japanese and nature? How do you think  what  did the Prince Shotoku and Shinran  think ?  

Prince Shotoku has been considered the father of Buddhism in Japan . Shinran honored the Prince Shotoku as "Hierarch of Republic" in "Pure Land Wasan".

 

I made this thesis, based on an enormous number of book and opinions of professor emeritus and chief priest of  temples and shrines. And I fed back to them.  I have presented regularly about Japanese culture by taking advantage of this thesis in Research group that I have joined.

  

 

This thesis has two purposes.

One of the purposes is to clarify the comprehensive logical definition of the principles of the Japanese culture and faith.   Because generally those have been thought to be difficult to understand for foreigners. Another purpose is the support of historical temples that have been damaged by heavy rain. Materials that take advantage of this thesis, can explain the historical religious value of the temples to the people.

 

For example, Japanese culture is not to be understood only by "Tale of Genji“ or "Zen".

This thesis explains why the Emperor has been respected among long history in Japan . This thesis describes the reasons of accepting  Buddhism and Confucianism. And, This thesis explains why Kannon faith and Pure Land faith has spread while their own changes.  They are two of  heterogeneous faith to each other. And also, This  principle of thesis will describe the reason in conjunction with the features, about the birth reason of culture, such as deities syncretism and Japanese paintings, chanoyu (tea ceremony) , and other spiritual culture.

The last part of this thesis is a proposal for modern Japan. It is also about a naturally and originally way of life to the future. The first chapter describes the principle based on the concept of Kami “: shinto deity of  Faith to nature .

 

Presentation about character of  deity  “神”  Kami 

“申” makes in the shape of  the meaning “示” and sound of thunder.

It is deity of sky Tenjin 天神 and deity of thunderRaijin雷神”,  means uncertainty nature existence that exceeds human understanding. 

Ancient  notions of  deity “神” 

I will introduce   a little more  about  Formation Process of  “the principle of Japanese culture”. I illustrate about  Ancient Notions that thought wasestablished.

 

Description of words

稀人  Marebito” notion

Being that comes to rare from a distance, such as the sea.  It overlaps with the notion of deity.

依代   “Yorishiro”  Himorogi, Shrine

object representative of a divine spirit

object to which a spirit is drawn or summoned

object or animal occupied by a kami 

 


The relationship between The principle of Japanese culture and The thought system of Shinto, Buddhism,Confucianism.

 


 

Presentation  about  Spontaneous  thought  to Natural

 

Buddha, in a natural reverence environment, doubted about the dominant status society, considered the "natural truth of the human being".

Identically, Confucius, in the strife of human society, doubted about the disturbed order, considered the "natural truth of human relations". They explored naturally what should be considered at the time, at the same era,  in different environment.

In environment of Confucius, Benefits of nature was less than BuddhaThus Confucius focused on human relations than human being in nature. Human thought is influenced in its natural environment and climate.

 

For example, Zhu Xi was born in Fujian Province the Southern Song ,and spent a large part of life in various regions of Fujian. We must notice that there region was in nature, different from the Confucius.  Zhu Xi  introduced the principle of Li (J: ri ) as natural law into the confucianism about human relation.

 

About  thought of  Natural power of  Invisible unknown entity "

As well as thought of deity in Japan, the thought of Invisible thinking is also present in Buddhism and Confucianism.  But,of course, in Japan, it is not limited to specific one.

 

 

The focus of devotion in esoteric Buddhism “密教”. The Dharmakāya or Cosmic Buddha; Dainichi 大日 / literally, “Great Sun”; Skt:Mahāvairocana; also known in Japanese as Dainichi Nyorai . Dainichi is a further development of the Buddha Vairocana (J: Birushana Butsu). Esoteric Buddhist teachings (mikkyō) are taken to be the teaching of Dainichi. He is the principle, or the essence, of the universe and all phenomena are embraced in him; Dainichi is thus the Buddha of beginningless and endless ultimate reality.  The realms Kongōkai (Diamond or Thunderbolt Realm; Skt: Vajradhātu) and Taizōkai (Womb or Matrix Realm; Skt: Garbhadhātu) manifest the dual aspects of Dainichi. The first symbolizes the manifestation of his wisdom, and the second represents the world of his eternal and all-embracing enlightenment.  The Buddha Birushana (Skt: Vairocana)“毘盧舎那仏” is regarded as the same as the Dainichi  in esoteric Buddhism, and regarded by the Kegon sect as the cosmic, central Buddha. 

Basic Teachings of the Zhu Xi School of Confucianism “朱子学”. “The li-qi (li-ch‘i) dualism“ 理気二元論. The basic concept in Zhu Xi Confucianism is the li-qi (li-ch‘i) dualism.  Li (J: ri ) is the principle that is basic to the existence of all things as well as to natural law and social norms.   Because li does not assume any shape, function, or motion, it cannot result in phenomena by itself; only in conjunction with qi (ch’i; J: ki) does it take on a concrete existence in the form of animate or inanimate beings.   Qi is a kind of gaseous matter and by self-induced motion can become yin and yang and the five elements (wood, fire, earth, metal, and water) that determine the shape and quality of all things.  Yet, the basis for the functioning of qi is found in li When li and qi combine, qi is condensed and beings are produced; when they separate, beings cease to exist.